スタッフおすすめの新宿手土産 「舟和 芋ようかん」

ゴールデンウィークが明け、久々の出勤となりました。フロントスタッフの竹島です。

爽やかな初夏の気候に入り、外を歩くのも気持ちのいい季節となりましたね。

さて、前回のスタッフコラムに引き続き、新宿近辺で購入できるおすすめの手土産をご紹介します。

今回ご紹介するのは、昔ながらの素朴な味わいを楽しめる和菓子の代表、「芋ようかん」です。

舟和(ふなわ) 芋ようかん 5本詰 648円

東京・浅草に本店をもつ老舗の和菓子屋・舟和(ふなわ)さん。浅草を中心に都内にも店舗展開を広げており、新宿エリアでは小田急百貨店新宿店の地下2階に直営店があります。

舟和さんは明治35年に創業した老舗店で、当時値段が高く庶民はなかなか口にすることができなかった羊羹を、もっと手軽に食べられるようにしたいと、さつまいもを使って羊羹を作ったのが芋ようかんの始まりなのだそう。

看板商品の芋ようかんは、着色料・保存料などを一切使用しておらず、さつまいもの風味をダイレクトに堪能できるよう、さつまいもに砂糖と少量の食塩を加えたのみのシンプルな製法が特徴となっています。

素朴な見た目ではありますが、口の中に入れるとどこか懐かしい味わいが口いっぱいに広がり、和の文化のよさを感じられる奥深い和菓子だなと思っています。

芋ようかんのほか、小豆・白いんげん・抹茶・みかん・苺などのあんこをひと口サイズに丸め、寒天でコーティングした「あんこ玉」というお菓子も有名。あんこ玉と芋ようかんが一緒の箱に入った詰め合わせセットなども用意されているので、いろんな味を少しずつ楽しみたいという方にもおすすめです。

手を汚さず食べることができ、あらかじめカットされているので切り分ける煩わしさがないというのも嬉しい点。

打ち合わせ先への差し入れや、友人宅への手土産などにも活躍してくれる一品です。

<プロフィール>

フリーランスで編集・ライターをしながらHAPON新宿でフロントスタッフとして勤務。趣味は旅行、音楽鑑賞、飲み歩き。