HAPON新宿スタッフがおすすめする 新宿手土産 「鈴懸 苺大福」

都内の桜も見ごろを迎え、HAPON周辺でも満開の桜があちこちで見られるようになりました。

日射しの暖かい日も続くようになり、春の訪れを感じる毎日です。

こんにちは、スタッフコラム第2回を担当します、フロントスタッフの竹島です。

学生時代は製菓の専門学校に通っていたこともあり、和菓子・洋菓子を中心にHAPON新宿の周辺で購入できる、おすすめの手土産をご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介するのは、お花見の時期にもぴったりのスイーツ、「苺大福」です。

■鈴懸(すずかけ) 苺大福 1個324円

新宿伊勢丹の地下1階・和菓子フロアにあるこちらの鈴懸(すずかけ)さん。

本店は福岡の博多にあり、都内ではこちらの新宿伊勢丹店と、東京ミッドタウン日比谷店の2店舗のみとなっています。

看板商品である鈴型の最中やひと口サイズのどら焼きのほか、季節の生菓子や日持ちのする和菓子の詰め合わせなど、さまざまな和菓子が販売されているのですが、今回ご紹介するのは、冬から春にかけて季節限定で販売されている「苺大福」です。

こちらの苺大福は、一般的な大福の皮と比べてやわらかくなめらかな食感が楽しめる「求肥」生地を使用しているのが特徴。中のこし餡が透けて見えるほどの絶妙な薄さに仕上げられています。

上品な口あたりのこし餡の中には福岡県産のあまおういちごが入っており、ひと口かじるとジューシーな甘みが口いっぱいに広がります!

日持ちは購入日の当日となっているため、遠方の方にはなかなか渡しづらいのが難点ではありますが、特に女性の多いオフィスなどにおすすめの手土産です。

手土産はもちろんのこと、ひと息つきたいときやおもてなしのお茶菓子にもぴったりの苺大福。

販売は例年4月下旬ごろまでとなっていますので、販売が終了してしまう前にぜひ購入されてみてはいかがでしょうか?

<プロフィール>

フリーランスで編集・ライターをしながらHAPON新宿でフロントスタッフとして勤務。趣味は旅行、音楽鑑賞、飲み歩き。