HAPON新宿の利用イメージ<ブース会員>

開放感あるシェアオフィスにコワーキングスペースを併設した、HAPON新宿。
2019年6月現在、100名近くの方が会員としてご登録されており、会員、非会員を含め、連日多くの方にご利用いただいています。

そんなHAPON新宿ですが、利用プランとして、固定ブースを月単位の契約で利用できる「ブース会員」をはじめ、オープンエリアのみの利用となる「オープンエリア会員」、ふらっと立ち寄ってドロップインで利用することができる「1dayビジター」などを用意。それぞれの使い方や働き方に応じて、自分に合ったブランを利用することができます。

今回はHAPON新宿の使い方の1つとして、「ブース会員」プランの利用イメージをご紹介したいと思います。

?ブース会員とは?

月額56,000円~で占有ブースほか、オープンエリアや会議室、応接室などを利用できるプラン。登記を行うこともでき(要審査)、専用ポストでの郵便受け取りも可能です。光熱費や通信費といった共益費はすべて月額料金に含まれています。

占有ブースは「チグリスエリア」「タイガエリア」の2つに分かれており、上部が吹き抜けになった通常ブースと、鍵付きの個室ブースの2種類を用意。ブースによって間取りも異なり、広さに応じて定員数や月額料金なども変動します。

●こんな方におすすめ●
・自宅をオフィスとして兼用していたが、スタッフが増えるのでオフィススペースを使いたい
・オフィス開業の初期費用をなるべく抑えたい
・アクセスのいい場所にオフィスを構えたい
・事務所を借りるほどではないが、落ち着いて作業できる環境をキープしたい
・法人登記をし、会社の信用度を上げたい

*料金詳細、現在の空きブース状況等についてはこちら*

ある日のブース会員の1日■

9:00
HAPON新宿に到着。カードキーでドアを開けてオフィスへ。ポストの郵便物をチェックし、ブース内にて仕事開始。

12:00
ランチはHAPON新宿から徒歩約6分の場所にある、タイ料理食堂の「西新宿ソイナナ」へ。飲食店やコンビニも多い一帯なので食事の選択肢も豊富!

13:00
午後は気分を変えてオープンエリアでパソコン作業。セルフカフェのコーヒーを飲みながら作業に集中。

14:00
打ち合わせに備えて資料を印刷。オープンエリアに設置されている複合機で印刷、スキャン、ファックスなどひと通りを行うことができる。

15:00
会議室にて他社スタッフとの打ち合わせ。Wi-Fi接続も完備されているので、打合せ中のデータのやり取りもスムーズ。

17:00
打ち合わせを終え、ブースに戻って資料の整理。不要な資料はシュレッダーで処理。

18:00
作業を終え、退勤。各ブースエリアにセキュリティロックがかけられているので、パソコンや機材などをそのまま置いていけるのも便利。

<利用DATA>
利用可能時間:24時間365日
利用料金:月56,000円~(税抜・共益費込み)
※複合機利用、セルフカフェ利用、会議室超過利用の場合は別途料金が発生。
最低契約期間:3ヶ月~
契約時に入会金(月額料金と同額)とデポジット料が発生。
*内見のお申し込みについてはこちら*