里見誠

株式会社ベルムファクトリー

Q何してる?

WEBサービス

Q何故HAPONを選んだか?

アットホームな雰囲気と入居者やスタッフとの距離感に惹かれた

2018年9月からHAPON新宿に入居。WEBサービスからオフィスデザインまで、様々な分野をカバーされている株式会社ベルムファクトリーの代表、里見誠さんにお話を伺いました

・まず始めに、ベルムファクトリーさんのお仕事について教えてください。

大きく分けて3つのサービスを展開しています。WEBサービス事業と、EC事業と、あとはオフィスデザインや建築の事業。オフィスデザインは毛色が特殊なんですけど、IT系の会社は移転する機会が多いので、WEBサービス関連でやり取りしている会社から移転の相談を持ち掛けられることも多いです。

社内に建築士がいるので基本的にはその人にお願いをしていて、僕はそういう時は隣でこれがかっこいいなんていう口出し要員をしています。

あと面白い事業でいうと、カレーのケータリングなんかも行っています。仕事を手伝ってくれていたカレー好きの後輩が、好きが高じてケータリングサービスを始めたんですが、それもうちの事業の一つになっています。

元々はアドテク主体のサービスを提供していたんですが、お客さんからいろんな要望を貰ってそれに応えているうちにこんなにも枝を伸ばすことになりました。EC事業も自社で回すだけではなくて、他社さんの運営をまるっと任せてもらっていたりとか。

・里見さんご自身はどういったキャリアを歩んでこられましたか?

元々はWEB専門の広告代理店にいました。当時はリスティング広告の黎明期で、有意義な経験を沢山しましたね。その後はジャンルレスの大手広告代理店、メディアなど、多くの会社を経験しました。

当時から自分のスタイルで会社を作りたいと思っていて。ただその時に一つのスキルで自分のスタイルが全部補えるとは思っていなかったので、こういうことがしたいからこんなスキルが必要、だからこの会社に行くといったように逆算式で動いていました。


・里見さんはHAPONの前も別のシェアオフィスに入居されていましたが、働く場所に「シェアオフィス」を選ぶ理由を教えてください。

フレキシブルな利便性を考えた結果、シェアオフィスという形を選んでいます。はじめに言ったように毛色の違う事業を色々と展開しているんですが、そうするとプロジェクトごとにチームの人数が大きく変動することになり、どちらかの人数に合わせて物件を借りる、ということが難しいんです。

シェアオフィスだと自分の作業スペースが保証されるだけじゃなく、必要な時に人数に応じたミーティングスペースを借りることもできるので、コストも抑えられます。

・ではそのシェアオフィスの中で、入居を決めるポイントはありますか?

なるべく会社然としてない、アットホームなところがいいですね。大企業みたいな綺麗なレセプションがあっても、そこから僕が出てくることにどうしても違和感があるというか。スタッフさんとパーソナルなお喋りができるような、そんな距離感のオフィスを探していました。

・HAPONでここが好き、という場所があれば教えてください!

やっぱりOPエリアの日本列島テーブルはいいですね。お客さんが来て、ここを使うだけで話題ができるので助かっています。あとは個人的に、会議室の大きな木のテーブルも木の香りがして好きです。

・再び会社の話に戻りますが、メンバーも増員して、WEBサイトもリニューアルされるそうですね。

そうですね。もっと自分を出したWEBサイトにしようと改修中です。仕事は紹介で頂くことが多いんですが、かっちりした会社さんから声をかけてもらうことも多くて。会う前にWEBサイトを見せて「こういう奴が行きますよ!」ってわかってもらえるようなページを目指しています。

・最後に、これからの展望について教えてください。

潜水艦で潜るみたいに、人から見えないような場所で「あの会社って何をやってるんだろう」って不思議に思われるような会社にしていきたいです。なのに高利益をたたき出す、みたいな。

里見さん、ありがとうございました!
新しいWEBサイトも楽しみにしています!

株式会社ベルムファクトリー
http://verum-factory.jp/

編集:多保田