ニュース

〈HAPON会員インタビュー〉vol.4 株式会社MELZ 片山雅大さん(後編)

前回に引き続き、MELZ 代表取締役、片山雅大さんにお話を伺っています。

HAPONを使い始めて5年、片山さんには自分なりのシェアオフィスの使い方があるそうです。

レンタルオフィスで働くのではなく、交流セミナーで出会うのでもなく、その真ん中にあるシェアオフィス。「空気から刺激をもらう」という片山さんはシェアオフィスの「丁度良さ」を大事にしているそうです。
何事もインプットとアウトプットのバランスが大事なように、シェアオフィスという空間では「丁度いい刺激」がもらえるのかもしれません。
向こうのブースにはこんな会社があってこんな仕事をしている。そんなアンテナを張ることは、ビジネス抜きにしても非常に刺激になるそうです。「面白そう」だと思ったら関わりたい。そのうちに仕事になるタイミングが来たら仕事を一緒に仕事をしてもいいし、別にそんなタイミングがこなくてもいい。そんな風に、片山さんは常にゆったりとしたアンテナを張っていらっしゃいます。
その結果生まれたのが、HAPONの会員さんでもあるNPO法人「みんなのことば」さんとの繋がりなんですね。
↓(「みんなのことば」さんとの関わりは前回の記事にてご紹介しています!)

〈HAPON会員インタビュー〉vol.4 株式会社MELZ 片山雅大さん(前編)



働く場としてシェアオフィスを選択するとき、そこには会社毎にいろんな理由があります。
自宅以外の場所で働きたい、賃料を安く抑えたい、いろんな人と出会いたい、そして空間をシェアすることによって刺激をもらいたい、など。
理由が違えば、もちろん使い方も違ってきます。それでも、違う会社が同じ空間にあるというのは、やはり刺激をもらう部分も大きいです。今この記事を書いている私も、日々スペースを運営しつつも皆さんと同じ空間で仕事をしているので、「空間から刺激をもらう」という感覚はとてもよくわかります。

全員が同じ姿勢である必要はないと片山さんはおっしゃいます。そうなってしまうと逆につまらなくなってしまう。バラバラの人種が集まっているから面白いのだと。そう言ってくださる片山さんは、HAPON側から見てもとても心強い存在です。シェアオフィスにはたくさんの使い方がある中で、一つの理想形といえるかもしれません。

片山さんが入居前に惹かれたHAPONのコンセプト「働くことは巡りあわせ!」の言葉の通り、シェアオフィスは常に入居者が変わっていく場所です。そんな場所でのせっかくの出会い。「面白い」を起点に「丁度いい刺激」を探してみませんか。(多保田)


 

〈HAPON会員インタビュー〉vol.4 株式会社MELZ 片山雅大さん(前編)


不定期更新のHAPON会員インタビュー、第4回目は株式会社MELZ 代表取締役片山雅大さんにお話を伺いました。

HAPON歴5年の片山さん。なんとHAPONでの出会いにより、名刺が2枚も増えたそうです。そんな片山さんにお仕事のこと、HAPONのこと、更には長年のシェアオフィス利用を通して感じたことをお聞きしました。

MELZさんのお仕事は大きく分けて広告代理業とインバウンド事業の2つ。広告に関しては、国内のコンビニにおける食品、日用雑貨などの販促プロモーションを請け負っています。またインバウンド事業に関しては、海外へのプロモーションを行ったり、国内の受け入れ環境の整備を行ったりと、国内外双方で活動を行っています。
実はインバウンド事業を始めたきっかけも、HAPONでの出会いにあるそうです。
片山さんの3枚の名刺のうちのひとつ、「ジャパンショッピングツーリズム協会」は、当時のHAPONの会員さんと一緒に発足させた団体です。
その立ち上げをきっかけに、ご自身もインバウンド事業に携わるようになったのだとか。

 

そしてもう一つの名刺、NPO法人「みんなのことば」さんとの関わりは、片山さんの働き方から生まれたもの。
とにかく出張が多いという片山さんですが、それも全国・世界規模。日本の各地で、沢山の人に出会いながらお仕事をされています。
一方で、「みんなのことば」さんは幼稚園や保育園といった子供を対象にクラッシックコンサートを届ける活動をされています。当時、営業を強化したいと思っていた「みんなのことば」さんに対し、片山さんがそのお手伝いをすることになったそう。「みんなのことば」さんの名刺を持ち歩いて、全国で活動の周知をしたり、片山さんのコネクションから協力者を紹介したりされているのだとか。
全く違う会社がHAPONで出会いお互いの事業の幅を広げていく、というのはシェアオフィスだからできることでもありますね。

 

MELZさんは2013年からHAPONをご利用くださっています。HAPONのオープンが2011年なので、まさしくHAPONを成長させてくださっている会員さんの一人ですね。
入居のきっかけは、新宿という立地、そしてHAPONのコンセプトでもある「Hap On!」という言葉にひかれたからだと片山さんは話します。
「働くことは巡りあわせ」の言葉の通り、MELZさんが他の会員さんとお話しされている光景をよく目にします。
そんな片山さんには長年のシェアオフィス経験の中で、自分なりのシェアオフィスの使い方があるそうです。働きの場として、シェアオフィスを選択するということ。それには一体どんな意味があるのでしょうか。

次回、HAPON会員インタビュー後編にて詳しくお伝え予定です!

【1dayビジター:11/24(土)臨時休業のお知らせ】

急なお知らせで大変恐縮ですが、
2018年11月24日(土)17:00~はフロントが不在となります。つきましては、上記の時間は1dayビジターでのご利用ができません。
ご利用を予定いただいていた皆様にはご不便をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

【Office closed on the 24th November 2018 after 5pm】
We will be temporary closed on the 24th November 2018 after 5pm.
No one-day-visitors can use the office after 5pm.
We sincerely apologize for the inconvenience.

【新会員制度】PR TIMESでも掲載を開始しました



HAPON新宿が発表した新会員制度「地方会員」と「ナイト&ホリディ会員」のお知らせが、PR TIMESでも掲載開始となりました。
共同経営者の永森が運営している房総半島の古民家、「ヤマナハウス」との提携についてもご紹介しています。

詳細は各お知らせページにて。皆様からのお問い合わせをお待ちしています!

↓シェアオフィスHAPON新宿が多様な働き方に合わせ「地方会員」「ナイト&ホリディ会員」新設↓
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000039189.html

↓【新会員制度】「地方会員」はじめます↓
http://hapon.asia/shinjuku/news/post5518/

↓【新会員制度】「ナイト&ホリディ会員」はじめます↓
http://hapon.asia/shinjuku/news/post5525/

【新会員制度】「地方会員」はじめます


創設8年目を迎えたHAPON新宿が、多様な働き方に目を向けた2種類の会員制度を新設します。
働き方改革/モデル就業規則の改正・サテライトオフィス/2拠点生活など、働き方が一気に広がった2018年。新しい働き方が次々に提唱される中、働きの場であるシェアオフィスとして何ができるかを考えました。

その一つである「地方会員」について、詳細をご案内します。

《どんなサービス?》
東京への出張時や都内での打ち合わせに利用できる会員制度。無記名のチケット制なので、社内での共有や打ち合わせのお相手にもご利用頂けます。
またイベントスペースとしてのご利用も可能です。日本列島型を模した机を囲む100平米超の洗練されたスペースで、地方をテーマにイベントを開催したい方にもピッタリのサービスです。

《こんな方にオススメです》
・東京「出張」時に使えるオフィスが欲しい
・東京「進出」の足掛かりとなるオフィスが欲しい
・打ち合わせに使える「会議室・スペース」が欲しい
・東京(新宿)で「住所」をもちたい
・東京(新宿)で「イベント」開催したい

《内容》
料金:100,000円/年(税抜)
利用可能時間:平日10時~19時/土11時~18時
利用可能回数:のべ40人まで(チケット制)
利用できるサービス:無料Wi-fi・コワーキングスペース・住所利用
有料オプション:
ロッカー(3,000円/月)
会議室(1,000円/時間)
カフェサービス・複合機利用(実費請求)
※会議室・カフェ・複合機利用料は、都度現金でのお支払いとなります
その他:30人以上の大会議室・イベント貸し切りスペースを15%割引料金にてご利用頂けます

《対象地域》
新宿より60km圏外とします。
下記地図の円に含まれる地域は対象となりませんのでご了承ください。
※より詳しくご確認されたい場合は、こちらのサイト(https://maps.multisoup.co.jp/blog/1666/)をご覧ください。
皆様のご内見、お申し込みをお待ちしております。

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-4-4 武蔵ビル5F