お知らせ

〈HAPON会員インタビュー〉vol.3 センシエス合同会社 新野俊幸さん、岡崎雄一郎さん


不定期更新のHAPON会員インタビュー、第3回目はセンシエス合同会社 共同経営者の新野さん、岡崎さんにお話を伺いました。

最近話題の「退職代行サービス」ってご存知ですか?
メディアにも多数取り上げられているため、耳にしたことのある方も多いかもしれません。会社を辞めたいけど言い出せない、辞めると言っても引き留められてしまう…。そんな労働者の方に代わって会社とのやり取りを「代行」してくれるのがこの退職代行サービス。そのパイオニアとも言うべき退職代行「EXIT」を運営されているのが、今回お話を伺ったセンシエス合同会社さんです。

このサービスも、新野さんが自身の退職時に感じた「面倒臭さ」から生まれたそう。だからこそ「ユーザーの気持ちは理解できます」と話す新野さん。
一方の岡崎さんは新野さんのお話を受けて、一足先に動き出していたそうです。サービス開始から1週間で確かな手ごたえを感じたそうで、このサービスに対する需要の高さがうかがえます。そんな岡崎さんは一見すると強面で近寄りがたい雰囲気ですが、実際にお話をしてみると「僕がオープンエリアにいて、来客の方が委縮してしまうとかがあれば、散歩に出るので言ってください」なんてあけっぴろげなお言葉も。

そんなセンシエスさんですが、HAPONには今年の7月から入居されています。依頼の急増に伴い一刻も早くオフィスを探さなければ…という状態で、HAPONを選んだ決め手は「富士の間」でした。せっかくなら面白い(interestingな!)オフィスで働きたい、という希望に畳の空間はうってつけですね。
実際お二人が富士の間で来客対応されている光景をよく目にします。打ち合わせに来て、まさか畳でちゃぶ台を囲むなんて!来客の方の反応も気になります。
日に日に増えていくスタッフさん、そして取材依頼と、まさに「バズってる」センシエスさん。飛ぶ鳥を落とす勢いの新サービスがどこまで話題になっていくのか、HAPONとしてもとても楽しみです。(記事:多保田)

↓「退職代行EXIT」のHPはこちらからご覧頂けます↓
WEB:https://www.taishokudaikou.com/
Twitter:https://twitter.com/taishoku_daikou

 

HAPON新宿ブース空き情報

現在空いているブースは以下の通りです。(2018年8月30日現在)
※番号が赤色のところがご入居可能なブースです。
※価格は税抜きです。(共益費管理費はすべて込み)
※オープン会員はフリーアドレス制につき、随時募集中です。

ブース会員の方は、ご契約の専有ブースおよび日本列島型テーブルのある広いオープンエリアを1年365日24時間ご利用いただけます。

また、各会議室を月々20時間まで無料にてご利用可能ですので、ご来客や少人数でのプレゼンやイベントなどに有効にご利用いただけます(20時間以降は有料となります)。
総合的にご検討ください。

 

【HAPON新宿ブース紹介】No.4
定員1〜2名 3.85 m² ¥72,000/月

レイアウトしやすい長方形のお部屋で2名様でもご利用頂けます。

 

【HAPON新宿ブース紹介】No.10
定員1〜2名 4.28 m² ¥73,000/月

レイアウトしやすい長方形のお部屋で2名様でもゆったりとご利用頂けます。
机、椅子はこのままお使いいただけますし、ご自身のお気に入りのものをお持ちいただいても構いません。
 

【HAPON新宿ブース紹介】No.19
定員1〜2名 4.56 m² ¥75,000/月 

レイアウトしやすい長方形のお部屋です。2名様でもゆったりとご利用いただけます。
机、椅子はこのままお使いいただけますし、ご自身のお気に入りのものをお持ちいただいても構いません。
 

【HAPON新宿ブース紹介】No.22
定員1〜2名 4.56 m² ¥75,000/月 

レイアウトしやすい長方形のお部屋です。2名様でもゆったりとご利用いただけます。
机、椅子はこのままお使いいただけますし、ご自身のお気に入りのものをお持ちいただいても構いません。

 

 

また、どのブースでも使える「地方」の仕事、入会金無料キャンペーンも実施中になります。該当する方はぜひご利用ください。
http://hapon.asia/shinjuku/campaign/post1452/

みなさまのご内見お待ちしております。

〈HAPON会員インタビュー〉 vol.2 株式会社リリムジカ 管偉辰さん


不定期連載中のHAPON会員インタビュー、第2回は株式会社リリムジカの代表取締役の管偉辰さんにお話を伺いました。

 

リリムジカさんは介護現場に音楽プログラムを届けることで、「人が最期まで幸せでいられる社会」を目指しています。

人生の「最期」ってなんだろう。その時に感じたい「幸せ」ってなんだろう。

話を伺う前と後では、お仕事のイメージがガラッと変わりました。

 

 

音楽プログラムの提供は、基本的に単発ではなく長期にわたって行われます。こうすることで、入居者の皆さんとの間に単なる「レクリエーションの人」としてだけではない人間的繋がりを築けるそうです。

また入居者向けのプログラムはもちろん、その後のフィードバックや、介護スタッフさんに対する提案を行うことも。音楽をツールにして、自分たちがいない時間にもなにか影響が与えられたらいい。入居者の新しい一面を知ることで、2者間のコミュニケーションのきっかけになってほしいと、管さんはそう話します。

 

今回、管さんのどんなお話のなかにも、最初にあげた理念を強く感じました。

お話を伺う前は、音楽プログラムを提供し環境改善に努めていらっしゃるという認識だけでしたが、その事業の根幹を覗かせて頂けたような気がします。

今後の展望を伺うと、入居者が何を望んでいるのかを可視化していきたい、とのこと。誰もが行きつく場所だからこそ、自分が被介護者になった時にどんな環境になっていてほしいか。どうしたら良くできるのかを追求する管さんの思いが伝わってきました。

 

HAPONに入居されてから約3年。内見に来られた際、コワーキングスペースにあるバイオリン型テーブルを見て良い!と思ってくださったそうです

このテーブルも会員さんから寄付して頂いたものですが、HAPONには音楽関係のお仕事をされている会員さんが他にもいらっしゃるんです。もちろんそれ以外にも、HAPONの会員さんの業種は本当に様々。会員さん同士の繋がりを大事にできるよう、HAPON側でも懇親会を定期的に企画しています。

この日も、月に1回行われるミニバーへお誘いし、インタビューは終了となりました。(記事:多保田)

 

↓株式会社リリムジカのHPはこちらからご覧いただけます↓

http://lirymusica.co.jp/

▲コワーキングスペースにあるバイオリン型テーブル。実はこれ以外にも楽器型のテーブルが…?

〈HAPON会員インタビュー〉vol.1 株式会社アトリエキャンプ 滝田一さん

 

HAPONの会員さんを紹介していくこちらの企画。記念すべき第1回は、株式会社アトリエキャンプ代表取締役、一級建築士の滝田一さんにお話を伺いました!

建築士の滝田さんは、構想から施工監理まで一貫してその建物に携わります。しかし、お客さんとの繋がりは、完成後も10年、20年とずっと続いていくそう。住まいも店舗も、お客さんにとって一生モノの買い物だからこそ、お付き合いも長く続いていくんですね。

「お客さんが自分をどういう仕事人としてみているか」

建築家、というお仕事をイメージするときに、皆さんは「何をしてくれる人」だと考えますか?自分の願いを形にしてくれる人、設計図を描いてくれる人、おしゃれなものを造ってくれる人…。住まいにしても、抽象的なイメージだけをもって相談に来る方から、間取りまで細かく決めている方まで多種多様。だから滝田さんも丁寧にヒアリングを重ねて、雑談の中からも隠れていたニーズやヒントを探っていくそうです。

そんな滝田さんは、HAPON歴4年半のベテラン勢。今までは同業者とのオフィスシェアが多かったため、異業種の方と繋がれるHAPONを気に入ってくださっています。そもそも、どういうきっかけで入居されたのでしょう?

「僕、富士登山が好きなんです。5年前に念願が叶って、靴も揃えて山頂まで登りました。その日のご来光は、ガイドさんも今年一番と言ってくれた程とにかく綺麗で。たまたまその頃オフィス移転を考えていたんですけど、その登頂のすぐ後にHAPONを知ったんです。一度内見に来てみたら、そこには壁に富士山が描かれた『富士の間』があって。これは巡りあわせだろうな、と思ってすぐに入居を決めました」

HAPONを知ったきっかけも、カフェで隣の方がHAPONのサイトを見ていたのを偶然目にしたことだったり、実は靴を買ったお店がHAPONのビルの1階だったりと、本当にいろんな巡りあわせを感じます…!HAPONの好きなポイントももちろん『富士の間』。遠慮せずにどんどん使ってあげてくださいね!

 

滝田さんの今後やりたいお仕事は、教会や仏閣などの宗教建築だそうです。最近はそういった方からのご相談もあるそうで、精神や思想を大事にする建築に携われることがとてもいい経験になっているとのこと。いつも柔らかい笑顔で、穏やかな雰囲気の滝田さん。そんな方が造る建物は、人柄と同じくきっと素敵なものなんだろうと想像します。(記事:多保田)

 


▲HAPONオープンエリア内にある『富士の間』は打ち合わせや休憩室の他、茶道教室の会場としてもご利用頂いています



↓株式会社アトリエキャンプの詳細はこちらからご覧頂けます↓

WEB:http://www.ateliercamp.com/

FB:https://www.facebook.com/hajime.takita

受付システム『ACALL』利用インタビュー掲載



HAPON新宿に5月より新たに導入された、受付システム『ACALL』の利用インタビューを共同創業者の手錢が受けました。

受付システムへの感想のみならず、設立6年目を迎えるHAPON新宿の新たなサービスについての説明にもなっています。

http://www.acall.jp/scenes/hapon/

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-4-4 武蔵ビル5F