Archives: 2016年2月

2/10(水) 「2拠点ワークビルディング-南房総から創る“自分らしい”仕事と暮らし-」

minamiboso_640_430-638x429
日本全国にさまざまな地域があり、HAPON新宿でも地域の特色をいかしたイベントが開催されてきました。
今回は、千葉県南房総市。

この土地の特色は、山と海の豊かな自然環境がありながら、都心から70分という立地です。
「地方での暮らし」「都市生活の魅力」という2つの可能性の間での選択もありますが、その両方を実現する「2拠点生活」を実践するにはぴったりの土地です。また、移住前の準備期間としての「2拠点」でもいいでしょう。

南房総市から始まる「働き方」「起業」「ライフスタイル」にスポットライトを当てて、“2拠点”という視点から語りつくす「2拠点ワークビルディング」。自分ならではの“ローカルへの関わり方”や“仕事・起業”を一緒に考えてみませんか?


<イベント概要>
日  時:2016年2月10日(水)19:00-22:00
場  所:HAPON新宿
住  所:東京都新宿区西新宿7-4-4 武蔵ビル5F
    (http://hapon.asia/shinjuku/)
アクセス:「新宿駅」から徒歩7分ほど
参 加 費:2,000円(南房総の食材を使ったご飯とお酒付き)
定  員:30名
主  催:南房総市
企画運営:ココロココ編集部(株式会社ココロマチ内)

<参加対象者>
・2拠点居住や2拠点ワークに興味のある方、実践している方
・地方での起業に関心のある方、具体的に検討している方
・南房総市へ事業所の移転や新しい働き方に関心のある方
・ニア東京でローカルに関わることを検討している方
・地域の課題解決やローカルビジネスに関心を持たれている方
などなど、学生・社会人問わず、ピンとくるものがある方はどなたでもご参加いただけます!

<ゲスト>
〇馬場未織さん(南房総リパブリック理事長/『週末は田舎暮らし』著者/2拠点居住実践中)
1973年、東京都生まれ。日本女子大学大学院修了後、建築設計事務所勤務を経て建築ライターへ。2007年より「平日は東京、週末は南房総の里山で暮らす」という二地域居住を家族で実践。2011年に「南房総リパブリック」を設立し、2012年に法人化。現在はNPO法人南房総リパブリック理事長を務める。著書に『週末は田舎暮らし~ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記~』など。

〇多田朋和さん(シラハマアパートメント)
“30歳には起業”を抱き、20代には内装業、営業職、不動産業の仕事に従事。関東最南端である南房総市白浜町の海沿いの廃墟ビルをセルフリノベーションし、1階カフェ/トンボ玉工房、2階ゲストルーム/学習塾、3階シェアハウスとした『シラハマアパートメント』を現在は運営及び管理する。TRY & ERRORで常に面白いことを求めている。

<コーディネーター>
ながもりまさし(HAPON新宿共同創設者/2拠点居住実践中)
東京都出身。慶応環境情報学部卒業後、広告業界を経て、環境と消費を考えるプロジェクトkurkkuに携わり、独立。東京からのエスケープ先として、千葉南房総で週末2拠点生活を始める。現在は南房総在住で半農半X生活を送りながら、新宿でシェアオフィスHAPON新宿を運営する。東京は住む場所から訪れる先に変わり、再び好きになる。趣味は全国行脚だが、47都道府県を制覇してしまい、次の目標を設定中。

<タイムスケジュール>
18:30 開場
19:00 オープニングセッション、アイスブレイク等
19:30 ゲストスピーチ「南房総の魅力と可能性」
20:00 トークセッション「(仮)2拠点な仕事と暮らしの創り方」
20:30 南房総drinks
22:00 クロージング

【参加登録フォーム】このイベントに参加する!
https://docs.google.com/forms/d/1jaXl6JeC6F9cnB3D2ZbR5rLPF5KfjHKddhozhR6fpQI/

2/13(土) 「縁起良く  2016年のこみしょう始めは、正月魚から」 ~海人族の理想の地 西伊豆の鰹文化と暮らしを知る。~

食を通じて、日本の風土と生活文化を見直し、食文化の未来をみんなで創っていくプロジェクト、
『こめみそしょうゆアカデミー』さんのイベントがHAPONで開催されます。

IMG_20150603_124134
「縁起良く 2016年のこみしょう始めは、正月魚から」
~海人族の理想の地 西伊豆の鰹文化と暮らしを知る。~

2016年こみしょうのスタートは、魚のお話から。
今回は、魚を保存する知恵から生まれた塩蔵や乾燥の
お話とそこで生まれた食文化のご紹介です。
皆様のご参加をお待ちしております。
今回は、縄文時代からカツオとともに生きてきた街・伊豆の田子で
伝統的な手火山式焙乾製法を継承し、昔ながらの手仕事を守り続けている
カネサ鰹節商店の芹沢安久さんのお話です。

芹沢さんは、田子ならではの風土や食文化を次代へつなげる活動を通し、
地域を元気にするために様々な取り組みをされています。

カツオで繁栄した街・田子では、カツオ船が消えた今でも
人々の暮らしには、四季折々のカツオ料理が欠かせないそうです。
今回は、その中でも田子でしか作られなくなってしまった
「潮鰹(しおかつお)」をご紹介いたします。
カツオとともに生きる街の独特なカツオの食べ方を
様々な切り口で芹沢さんにお話いただいた後、
田子の潮鰹・かつお節を皆で味わいながら、
食べ手のみなさんと楽しく語らう時間を持ちたいと思っています。

当日は、全国各地の郷土料理・郷土寿司を現地に赴いて
学び、その食文化を伝える精力的な活動をされている
酢飯屋の岡田大介さんにお料理をご用意していただきます。
http://www.sumeshiya.com/
島国・日本で暮らしているからこそ、知っておきたい
日本古来の魚の保存食の魅力。その美味しく、新しい食べ方の発見があるかもしれません。

皆様のご参加をお待ちしております。
 
日 時 2016年 2月 13日(土)11:00〜13:30頃 *10:30受付
場 所 HAPON新宿      
定 員 40名 (定員になり次第締め切ります)
参加費 3,500円(潮かつおの軽食付き)
話し手 カネサ鰹節商店 五代目 芹沢 安久さん(西伊豆しおかつお研究会 会長)
    http://homepage2.nifty.com/kanesa16/
お申し込み 申し込みフォーム
申込締切 2016年 2月 5日(金)


こめみそしょうゆアカデミー事務局
URL : www.komisyo.jp
E-mail : okami@komisyo.jp
電 話 : 090-7305-1545
FAX : 03-5856-7467

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-4-4 武蔵ビル5F