Archives: 2015年5月

【高知四万十】ビジネス開発ツアーに参加しました。

GWの明けた週末5/9-11にて、高知県四万十町を拠点に活動している一般社団法人いなかパイプのツアー(http://hapon.asia/shinjuku/event/post4078/)にHAPONスタッフ数名で参加しました。HAPONも微力ながら企画協力にてお手伝いしています。

今回のツアーはざっとこんなメニュー。

・しまんと緑茶の生産現場を学ぶ@お茶工場
・海産物開発の現場を学ぶ@中土佐町・久礼
・中山間地域の一次産業の生産現場を学ぶ@桐島畑
・四万十川中流域の商品開発の現場を学ぶ@道の駅四万十とおわ
・カヌー体験から川ビジネスの現場を学ぶ@カヌー館
・Made in『西土佐』の商品が生まれ、販売される現場を学ぶ@山間屋


IMG_3386
高知県の西側に流れる四万十川というと「日本最後の清流」というフレーズで有名ですが、中上流域でも川幅は広く雄大で流れは美しいです。

そしてそれだけでなく、流域では地形や気候に合ったお茶や栗の栽培や有機農業、清流で採れる鮎や天然うなぎといった漁業が営まれています。

IMG_3360
IMG_3398
IMG_3393
四万十流域で有機農業を営む「桐島畑」は土地に合った形で有機農法を研究実践しながら、高知県内のみならず全国に野菜を出荷しています。

近年は、ほぼ日刊イトイ新聞にて桐島畑で加工まで行う「ジンジャーシロップ」が特集が組まれ、一般家庭や飲食店のみならず、他業種からの引き合いも相次いでいるようです。今後は四万十流域の有機農家を取りまとめて、地域単位での流通を進めていきたいとのこと。
 

IMG_3343
この十数年は一次産業(農漁業)に加えて、ジンジャーシロップのように生産物を加工し流通させていく商品開発も積極的に行われ、絶景と名高い「道の駅四万十とおわ」を中心に販売し、全国にも展開されています。新聞バッグ、しまんと紅茶といったヒット商品も数知れず。http://ec-shop.shimanto-towa.jp/fs/kuri/c/
 

IMG_3406
S__7421965
写真は、シマントシェアオフィス。四万十川のほとりのシェア型レンタルオフィスとして、近年廃校となったログハウス調のシェアオフィスです。

校内にはオフィス施設や設備はもちろんのこと、体育館や石窯(!)もあり、リモートオフィスや合宿として、企業やフリーランスが利用できるようになっています。

S__10117122.
そして、宿泊用には、近くに別の廃校となった小学校があり、そちらにて滞在することができます。あいにくの曇り空ながらも、学校の3階からの景色とは思えないものです。


以上のように、充実した高知四万十流域の1次2次3次産業を巡るツアーでした。

地元のモノを地元の人が中心となって、生産や開発していく、という基本姿勢は、一つの道筋を提示されているように感じました。

最後に、四万十を中心に活動されているデザイナー迫田さんの「地デザイン」という理念についての記事をご紹介します。

【無印良品 くらしの良品研究所】地デザイナー 迫田司さん
http://www.muji.net/lab/blog/caravan/kochi/020276.html

HAPONとしては、東京新宿を拠点として、東京での仕事と人の集いと連動しながら、さらに1次2次産業のみならず、このような動きと同期した形を作っていければと考えております。

(MN)

全仏オープン記念!がんばれ錦織キャンペーン 【2015年6月8日迄】

campaign_nishikori_150508
HAPON新宿は、島根県出身のテニスプレーヤー
錦織圭選手を応援しています!

この5月末より開催される全仏オープンに出場する
錦織選手を応援する気持ちを込めて、
期間中は通常1ヶ月分の入会金が「にしこり」にちなんで
2456円に!

さらにブース会員をお申し込みの方には、
全仏オープンで1勝ごとに、
1週間分のフリーレントをプレゼント!
優勝すると、なんと7週間のフリーレント!

HAPONご検討中の方はぜひこの機会に入会して、
一緒に全仏オープンを応援しましょう♫

条件:
2015年5月11日〜6月8日(全仏オープン終了日)までに
HAPON新宿に新規入会お申し込みの方。

特典:
入会金がオープン会員/ブース会員ともに、2456円(税込)。
さらに、ブース会員お申し込みの方は、
全仏オープン2015シングルスでの錦織選手の勝利数×週分のフリーレント(賃料無料)をプレゼント。

注意:
他のキャンペーンとの併用は出来ません。


〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-4-4 武蔵ビル5F