Archives: 2012年10月

OFFICEリラクゼーション:オステオパシー野口早苗

HAPONのoffice relaxation第二弾は、sanareの姿勢調律士、野口早苗さんです。



オステオパシーは骨格のバランスを優しく整えることで、
体液や気の流れをスムーズに流し、細胞活性を促し、本来あるべき自然な状態へと導きます。
忙しい方のためにHAPONでは特別に自律神経を整える頭蓋骨調整を施します。
寝ても疲労感が取れない方や、新しい自分と向き合い方におすすめです。

■日時
不定期(火曜日中心)

■料金
会員 30分3000円
ビジター 30分4000円 (HAPON新宿1dayビジター使用料込み)



野口さんのオステは、その瞬間何をされているのかわからないくらい繊細なタッチで、
翌日以降から、身体があきらかによく整った感じがして、調子がとても良いです。
施術を受けるたび、カラダってどういう仕組みで出来ているのか本当に不思議だなと思います。
是非試してみて下さい。HAPONでしか受けられない、
新しいメニュー考えているらしく、私も楽しみで仕方ありません。

(クリハラ)



ニューヨークにてピラティス資格を取得し、
オステオパシー(整骨療法)技術も合わせ、現在姿勢調律士として活動。
メジャーアーティスト、シンガー、ダンサーのトータルケア、
脳梗塞の方のリハビリ、ヘルニア、すべり症の方のケア、メンテナンス、
スポーツ選手のパフォーマンス向上のサポートを行なう。

11/1(木)、HAPON千葉会開催。

江戸時代、旅人が行き交い巡り合った街、新宿にて、
日本列島を囲んで、日本の地域について語り、飲み、思いを馳せるHAPON都道府県会

富山会島根会和歌山会につづいて、
第4弾は「千葉」です!


東京のすぐ近く、
東京ディズニーランドや幕張メッセ、成田空港などメジャーで便利な施設を多数抱える千葉ですが、今回は少し違う角度、地域について、千葉会を開きます。


なんとなく知っていたんだけど、こういうところだったんだ。
文化や歴史を潜ってみると、こういうつながりがあったんだ。
東京近郊とはいえ、一地方としての問題もあるんだね。
そんな時間を過ごしていただければ幸いです。

千葉出身在住の方も、たまに遊びに行く方も、地方の興味がある方も、
この機会にHAPON新宿に初めていらっしゃる方も、
ぜひご参加ください。

■日時 11月1日木曜日 20時〜22時(開場19時半)
■場所 HAPON新宿
■料金 2,500円(千葉にちなんだ軽食&1dr付)


■スピーカー
 ❏ 坂本大三郎(イラストレーター/山伏)
 「房総の文化にもぐること」
  ⇒千葉出身在住のイラストレーター/山伏の坂本さんが、千葉を題材にしながらも千葉を超え、日本文化の深層に辿り着けるようなお話を展開します。著書「山伏と僕」 http://www.amazon.co.jp/dp/4898153372

 ❏ 石井健 介(館山市出身/館山ツイッ大使)
 「メディアを通して見た南房総」
  ⇒房総半島の南に位置する南房総。黒潮の影響で温暖な気候が一年中続く土地。そんな南房総は都心からのアクセスもよく、様々なメディアに登場してきました。今回は「メディアを通した南房総」というテーマで南房総の魅力を紹介します。

 ❏ 渡邊亮平(FARM CAMPUS主宰/九十九里長生郡)
  http://farmcampus.jp/

参加ご希望の方は⇒ http://www.facebook.com/events/543357359010932/ まで!
みなさまのご参加をお待ちしております。

(HAPONスタッフ)

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-4-4 武蔵ビル5F